読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在社畜の掌編とエッセイ

思いつくままに頭の中身を偏らない視点を意識しながら掌編やエッセイとして出力します。

別にバズらなくてもいい

αブロガーさん……。 って言葉を見て、ああ、そんな絶滅危惧種みたいな単語まだ残っていたんだ。なんて思ってみたり。 言葉はともかく、人気者になりたい。そんな願望は誰しもある。いや、誰しもではないかもしれないが、こんなブログを書いている人間にはある…

アイス・バケツ・チャレンジが苛めにしか見えない理由

もし、中学校で同級生に、牛乳の一気飲みをしろ。もしくは一万円をよこせ。と言われたらどうなるだろうか? 指名された人間は、自分以外の二人か三人を指名しなければいけない。などと言われたらどうなるだろうか? 間違いなく問題にされるだろう。下手すれ…

自分で答えを出していると言うこと

40代独身の会社員です って増田の日記をみてぽかーんとした。 はっきり言って意味が解らない。 どうして途中から説教が始まっているんだろ。ってのも全くもって理解不能なんだけれども、それ以前にラストが どうすればいいんだよ。 ってどういうこと? 自分…

facebookのいいね!ボタンを見ると気分が悪くなる

facebookってのをあまり好きになれない。つか、嫌い。かなり嫌い。それなのに登録しているのには理由がある。 社会人だったらfacebookに登録しているのは当然だよね~。そんな知った風なことを言ってくる人間がいるってのもある。ソシャゲーの行動力を貰うた…

消費税増税で年収300万円世帯の負担は年間40~60万円増

大変よ。大変。 消費税の増税で、年収300万円の世帯は年間40~60万円も増税になるんだって。それでなくても、生活が大変だってのに、うちみたいな貧乏一家、どうやって暮らせばいいのかしら。それでなくても、大変だって言うのに、絶対に暮らしていけないっ…

成果主義とか能力主義とかできっこないじゃん(1)

アウトプット。成果によって給料を決定する。 もっともな意見に聞こえる。だが、それは幻想である。日本の企業には不可能なことなのだ。以下にそのことを説明しよう。 成果主義が何故上手くいかないのか。一番の問題は評価する側の能力が足りていないからで…

病院に行ったら消費税増税を批判していた

風邪をひいた。バカではないことの証明。などと考える余裕はない。38.5度、車の運転はかなり危険だ。仕方がない。歩いていける病院に行こう。 健康保険証と財布をポケットに突っ込み、一番近くの医院に向かう。病院、というより、小学生の習い事に似た建…

若者は雇わない――おかしな論理

本当の話か嘘の話か解らない。真偽を確かめるつもりもあまりない。所詮、ツイッターで流れてきた話だ。情報の正確性なんて求めても仕方がない。 それでも、真実っぽく聞こえるところが怖い(真実かもしれない)。横目で見たタイムラインの話は、次のような話…

第104回職域団体対抗将棋大会感想

第104回職域団体対抗将棋大会に参加しました。 私の所属している会社では複数チーム参加です。一軍はそこそこ、いや、かなり強いのですが、二軍はあんまり強くありません。とは言え、将棋を指していない人と比較すれば激強だとは思いますが。 どんなスポーツ…

秋を恐るると言うこと

人は誰しも死ぬ。間違いなく死ぬ。残念なことだけれども絶対に死ぬ。逃れることは出来ない。不老長寿を追い求めようとも、仙人になろうと努力しようと、金持ちだろうと、貧乏人だろうと、このルールから逸脱することはできない。 しかし、必要以上に嘆かなく…

歯を食いしばりながらブログを書け

今週のお題「秋の準備」 秋はチャンスである。ブログの季節である。 おいおい、ちょっと待て。何が、ブログの季節だ。適当なことを言うな。 そう思われる方っ! 覚えておいたほうがいい。秋はブログの季節ってことを。 根拠が無い? ニヤリ。そう疑念を抱く…

秋は裸になると鼻血が出ると云ふこと

今週のお題「秋の準備」 秋とは鼻血 - Wikipediaの季節だ。秋になれば、人は裸になると鼻血が出る。そのような構造になっている。理由なんか無い。きっと、神様があのリンゴの中に仕組んでいたんだ。それか、アダムとイブをそそのかした蛇、そいつの仕業に違…

[年収500万円程度]で終わった男たちの金言集に溜息を吐く

[年収500万円程度]で終わった男たちの金言集 | 日刊SPA! を見て溜息が出てきた。はあ。 年収はどうやって決定されるのだろうか。 人間関係が良好ならば、暇な時に努力をしていれば、社内の人間と協力していれば、周りの人間を馬鹿にしていなければ、給料が…

校長名の公表は虐めに似ているのでは?

教育長が成績データ回収、静岡県知事の校長名公表方針 :日本経済新聞 静岡県の川勝平太知事が全国学力テストで成績が悪かった小学校の校長名を公表しようとしている とのニュースを見て唖然とした。 よくも、まあ、こんなことを考えるなぁ、と。色々と書き…

きゅんきゅんしたちゅーずでぃ

今日は凄い日だった。 あの、スーパーチューズデイに負けないほど私の人生に影響を与える一日だった。 そう、きゅんきゅんしてしまったのだ。 いい歳して、きゅんきゅん。だなんて恥ずかしい奴。と思われる方もいるかもしれない。その意見ももっともである。…

今週のお題「2020年の私」 ~ ゴジラと共に

今週のお題「2020年の私」 ぶっちゃけ、2020年なんて想像できないわけですよ。ほら、AKIRAの世界なんですよ(*1)。首都高をバイクで暴走しながらレーザーが降ってきて超能力戦争が起こってしまうような、そんな世界なんてイメージが沸くわけ無いじゃありませ…

風立ちぬをエディプスコンプレックスから読み取る個人的試み

エディプスコンプレックス - Wikipedia エディプスコンプレックスとは、母親を手に入れようと思い、また父親に対して強い対抗心を抱くという、幼児期においておこる現実の状況に対するアンビバレントな心理の抑圧のことをいう。 と書かれているが、ここでは…

掌編 『夏の終わりと蝉の訪れ』

いつの間にか夏が終わっていた。 チャイムが鳴れば解りやすいが、移ろう季節は曖昧に遷移する。もしかしたら、季節って奴は、秋だと気づいて愕然とする私をこっそり隠れて嗤っていそう。引っかかりましたね。もう、秋なんですよ。ってクスクス。 時々、そん…

路面電車

空には蜘蛛の巣が張り巡らされていた。飛んでいこうとする私を閉じ込めるように隙間が無い。 もし、私が蜘蛛ならば電線の上を歩けるだろうか。 どの線が通り道たる縦糸なのか、見分けることができるだろうか。 両手を空に伸ばしてみる。 ジャンプして掴もう…

「止まない雨」 掌編

セブンスターの木はその場所にあった。 子供の頃に見た姿と、全く変化が無いように感じられた。 雨がシトシトと降ってくる。真夏だというのに肌寒い。気温が四十度を超えたニュースで大騒ぎしている国の話とは思えない。現実を疑いながら水滴で重くなった前…

罰を重くすればバカッターの炎上がなくなるのか?

結論を書こう。 罪を重くしてもバカッターの炎上は無くならない。しかも、Twitter(やネットによる情報発信)を止めない限り、本人が再度炎上事件を起こす可能性すら無くならない。 炎上は他人事ではない。 いつ、自分、家族、職場……ステークホルダーが炎上…