読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在社畜の掌編とエッセイ

思いつくままに頭の中身を偏らない視点を意識しながら掌編やエッセイとして出力します。

自分で答えを出していると言うこと

40代独身の会社員です

 って増田の日記をみてぽかーんとした。

 

 はっきり言って意味が解らない。

 どうして途中から説教が始まっているんだろ。ってのも全くもって理解不能なんだけれども、それ以前にラストが

 

どうすればいいんだよ。

 

 ってどういうこと?

 自分で答えを出しているじゃない。

 

一生独身でいいとか言ってるやつ今からお見合いパーティーに参加しろ。

人生のパートナーを見つけろ。

 

 って書いているじゃない。

 自分で、これをやればいいじゃない。それ以上でもそれ以下でもないじゃん。だってさ、これからの人生の中で一番若いのは現在って解っているんだからさ。本当に結婚をしたいなら動き出さないと駄目じゃないの?どうしてしたり顔で若者に説教しようとしているの?実は、結婚なんかしたいわけじゃなくって、単純に若者に説教したいだけじゃないの?

 

 この人だけじゃなくって、世の中って意外とこのような人が多い。自分はxxで失敗をしたから、○○をするべきだ。みたいな。そして、そのうちの幾人かは、人に説教をしている暇があったら自分を何とかしろよ。って言いたくなる人だ。

 

 そもそも、俺は失敗した。って人の意見など聞きたくない。ってのが、人の本音だ。人生の成功をした人の真似はしたいと思っても、人生の失敗をした人の意見なんか参考にしたくないのだ。確かに、傾聴するに値する言葉がある場合もある。だが、失敗した人は、自分の中でこうすれば成功したかもしれない。という願望があるだけで、説教している内容が正しいとは限らない。むしろ、間違っている場合もある。

 

 だって、本質的な部分を押さえていないことが多いのだから。思慮が足りていない。考えが深くまで及んでいない。そんな人に限ってしたり顔で説教を始めたりするのだ。

 

 元増田の文章を読み直してみよう。

 多分、違和感があるはずだ。えっ?無い。ま、無い人もいるかもしれない。だが、注意して読めば気づくはず。天涯孤独だ。と書きながら、妹はとうの昔に東北の田舎に嫁いだ。と書いている。

 

 天涯孤独じゃないじゃない。

 新しい友人や彼女を手に入れるのが難しいと言うならば、まずは、妹と連絡を取ってみればいいじゃないか。そこからいろいろな繋がりだって出てくるかもしれない。

 

 どうすればいいか。なんて悩んでいる時間は無駄だ。難しく考える必要は無い。単純だ。ただ、面倒くさいだけのこと。その体を重くする気持ちを振り切って動き出せば良い。それだけのこと。進みだすんだ。両手を目一杯広げて貪欲にアピールすれば道は開ける。涙を拭って外に飛び出せば巨大な世界が待っている。さっさとドアを開けて狭い部屋から飛び出してみろ。そうすればきっと、望んでいるものが手に入るはずだ。少なくとも孤独からは開放されるはずだ。

 

 だって、この日本には一億人もの人間がいるのだから。きっと、望むような人が沢山いるのだから。唯一の敵は殻に閉じ込めようとする自分の心、たったそれだけ。それだけなんだよ。